業務案内

愛知県一宮市に事務所を構える内山興業は、東海3県での足場工事を行なっている会社です。
簡単ではございますが、弊社が請け負っている業務内容についてご案内します。ただいま求人募集を行なっておりますので、鳶の仕事に興味をおもちの方はぜひご覧ください。

新築工事の足場設置

戸建住宅・アパート・マンション・店舗・工場などの新築工事現場を対象とする足場設置を請け負っております。
新築工事にあたって足場設置を行なう際は、既存の建物などがない状態で一から組み立てなければならないため、足場の強度に十分な注意を払って施工する必要があります。設置を開始する前に入念な打ち合わせを行ない、確実な施工プランに基づいて作業いたします。また、後の工程に影響が出ないよう、スピーディーな足場の組み換えに努めています。
現場作業員さまが事故を起こすことなく安心して活動できるよう、安全性の高い頑丈な足場を組み立てます。また、近隣住民さまおよびご通行者さまにも安心をご提供できる足場を実現いたします。

改修工事の足場設置

高所での作業に用いる仮設移動式足場を「ローリングタワー」といいます。枠組足場の資材を使って組み立てられ、ビル2階建て程度の高さでの作業に便利な足場です。
室外では雨どいや外壁の修繕など、建物全体に足場を組む必要がない現場で使用されます。室内では天井の吹き付けや塗装、ボードの設置、配管・空調機器・照明器具などを取り付ける際に使用します。
また、作業箇所が散在しているような大きな現場では、ローリングタワーを複数個組んで使用する場合もあります。

ローリングタワー(移動式足場)

高所での作業に用いる仮設移動式足場を「ローリングタワー」といいます。枠組足場の資材を使って組み立てられ、ビル2階建て程度の高さでの作業に便利な足場です。
室外では雨どいや外壁の修繕など、建物全体に足場を組む必要がない現場で使用されます。室内では天井の吹き付けや塗装、ボードの設置、配管・空調機器・照明器具などを取り付ける際に使用します。
また、作業箇所が散在しているような大きな現場では、ローリングタワーを複数個組んで使用する場合もあります。

仮囲い

「建物の高さが13m以上」または「軒の高さが9m以上」の木造建築や、木造を除く「2階建て以上の建築物」を対象に工事を行なう場合、高さ1.8m以上の仮囲いを設置することが建築基準法で定められています。
仮囲いは現場の防犯性および安全性の確保を目的として設置されます。また、転倒・崩壊などの事故が発生しないよう、仮囲い自体の安全対策を徹底することも重要です。仮囲いを設置する現場の状況(土・アスファルト・コンクリートなど)に応じて資材や工法などを的確に選定し、安全第一で施工いたします。
仮囲いのみの施工にも対応しております。新規依頼をお考えの方はお気軽にご連絡ください。

ご依頼の流れ 

STEP-1

お問い合わせ

お電話・メールにてお問い合わせを受け付けております。
メールの場合、確認後こちらからお電話をいたします。

STEP-2

現場調査

ご都合のよろしい日程をお伺いし、現場調査を行ないます。

STEP-3

お見積もり

ヒアリング内容や現場調査から、正式なお見積もり額を提示いたします。
※お見積もりの時点では、料金は発生しません。

STEP-4

ご契約

お見積もり内容にご納得いただければ、ご契約をさせていただきます。
不明な点や気になることがございましたら、何度でもお気軽にご質問ください。

STEP-5

打ち合わせ

お客さまのイメージを確実にカタチにするために、ご要望をもう一度しっかりと確認させていただいてから、設計作業とデザインに取り掛かります。

STEP-6

施工

打ち合わせで決定した内容とスケジュールで、施工を行なっていきます。

STEP-7

施工完了

お客様にご確認いただき、ご満足いただけましたら施工完了となります。
通常はこの段階で代金のお支払いをお願いしております。

STEP-8

アフターフォロー

施工完了後、心配な点や問題点がございましたら、即対応させていただいております。

お問い合わせ

お問い合わせ  採用情報